トップ > Perl Tips > フォームに関するHTMLタグ


 ■ フォームに関するHTMLタグ

今回はメールフォームなどを作るときに使う、
HTMLタグについて説明します。

<FORM ACTION="(ファイルへのパス)" METHOD="POST or GETのどちらか">~</FORM>
入力フォームを表示させます。この中に部品を配置します。

<INPUT TYPE="***" NAME="***">
部品を作ります。NAMEで設定した値=入力した値 と送信されます。
・テキスト入力フィールド(type="text")
通常のテキストを入力するフィールドです。

・パスワード入力フィールド(type="password")
他の人にパスワードを見られないように、入力した文字がすべて隠れます。
・ファイル名入力フィールド(type="file")
ブラウザからサーバーにファイルをアップロードする際に使います。
入力フィールドの横には「参照」ボタンが表示されます。
サーバー側にはファイルを受け取るための
特別なCGIスクリプトを設置しておく必要があります。
セキュリティ上、初期値を設定したり、スクリプトで値を操作することはできません。
・チェックボックス(type="checkbox")
On・Offの値を持つチェックボックスを表示します。
複数選択できます。
・ラジオボタン(type="radio")
同じname属性を持つラジオボタンでひとつのグループを形成します。
複数のうち、どれかひとつしかチェックできない点がチェックボックスと異なります。
・隠しフィールド(type="hidden")
画面上には表示されません。
ユーザに気づかれない値をこっそりと<form>のactionで指定したファイルに送信します。
・実行ボタン(type="submit")
ボタンを押すと、データを<form>のactionで指定したファイルに送信します。
<INPUT type="submit" value="送信">とすることによって、
[送信]とボタンに表示されます。
・取消ボタン(type="reset")
このボタンを押すと、それまでに入力したデータをすべてキャンセルして、
最初から入力をやり直すことができます。
<INPUT type="reset" value="取り消し">とすることによって、
[取り消し]とボタンに表示されます。
・汎用ボタン(type="button")
<input type="button" onclick="...">のように、
ボタンを押した時にJavaScriptなどを起動する際によく使われます。
<INPUT type="button" value="ボタン">とすることによって、
[ボタン]とボタンに表示されます。
・画像ボタン(type="image")
例えば、
<input type=image name="xxx" src="button.gif">
という画像ボタンをクリックすると、
クリックした座標がxxx.x=n xxx.y=nという形式でアクションに送信されます。

<select name="***">~</select>
セレクトボックスを表示させます。
項目は
<option value="a">test1</option>
<option value="b">test2</option>
と設定できます。
<select name="***" size=2>
とすることによって、複数の項目が表示されます。(数字は大きくできます。)

<textarea name="***" cols=20 rows=3>
最初から表示させる文字列
</textarea>

複数行入力可能な入力フォームを表示します。
colsが幅、rowsが高さです。
よく使われるものはこれぐらいです。
一度使ってみてください。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://easycgi.xrea.jp/mt-tb.cgi/37