トップ > Perl Tips > メール送信の仕方


 ■ メール送信の仕方

今回はメール送信の基礎をやりたいと思います。

Perlでメールを送信するには、sendmail というプログラムが
サーバーにインストールされている必要があります。
あらかじめ確認してください。
また、それへのパスも調べておいてください。

<サンプル>


#!/usr/bin/perl

print "Content-type: text/html\n\n";

# 設定
$sendmail = '/usr/lib/sendmail';
$jcode = './jcode.pl';
$to = 'xxxx@yyyy.ne.jp';
$from = 'xxxx@yyyy.ne.jp';
$subject = 'メール送信サンプル';

# 文字コードライブラリの読込み
require $jcode;


# メール送信
&jcode'convert(*subject,'jis');

open(MAIL,"| $sendmail -t");

# ヘッダ情報出力
print MAIL "To: $to\n";
print MAIL "From: $from\n";
print MAIL "Subject: $subject\n\n";
# 本文出力
print MAIL "テスト送信\n";
print MAIL "正常に送信されましたか?\n";

close(MAIL);



今回もjcode.pl をご用意ください。

・設定
$sendmail = '(sendmail へのパス)';
$jcode = '(jcode.pl へのパス)';
$to = '(宛先)';
$from = '(送信者)';
$subject = '(サブジェクト)';
このようにお願いします。

jcode.pl を読み込んだ後、文字コードの変換をします。
ここでは7ビットjisに変換します。

open(MAIL,"| $sendmail -t");
これで、sendmail のプログラムを開くわけですが、
-t を必ず付けてください。

print MAIL "~\n";
で、ヘッダーを出力したり、本文を出力します。
ヘッダーをつけたあとには必ず\n\nと改行を2つつけてください。

close(MAIL);
そして、最後にこれで閉じてください。

応用編:メールフォームを作ろう!




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://easycgi.xrea.jp/mt-tb.cgi/36