トップ > Perl Tips > サブルーチンとは Part1


 ■ サブルーチンとは Part1

サブルーチンとは、スクリプトを部品化(モジュール化)するものです。

メリットとしては、
・スクリプトの中で、ある処理を何度も反復使用したりする場合で、
その部分をモジュール化して呼び出すことで効率よくすることができる。
という点があります。

サブルーチンはこのような構文で作成します。
sub サブルーチン名 { 処理 }
サブルーチン名のつけ方は変数と一緒です。

詳しくはPerl Tipsの変数関連のところをご覧ください。

呼び出すには次のようにします。作成されたサブルーチンが実行されます。
& サブルーチン名

応用編:サブルーチンとは Part2




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://easycgi.xrea.jp/mt-tb.cgi/27