トップ > Perl Tips > サブルーチンとは Part2


 ■ サブルーチンとは Part2

基本編:サブルーチンとは Part1

今回は主に簡単な使用例を見ていきましょう。


$x = 25;
$y = 35;
$z = 30;
&addition;
&multiplication;

sub addition {
$total = $x + $y + $z;
print "合計は$totalです。\n";
}

sub multiplication {
$product = $x * $y * $z;
print "積は$productです。\n";
}



<出力結果>
合計は90です。
積は26250です。

複数のサブルーチンを使ってみました。
このように複数のサブルーチンを一緒に使うことも可能です。

sub サブルーチン名 { 処理 }
改行する場合は
sub サブルーチン名 {
処理
}

でサブルーチンを作り、

& サブルーチン名

で呼び出してください。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://easycgi.xrea.jp/mt-tb.cgi/28